顕微鏡

男性

病院に行って検査というのは、なかなか気が引けるものですが、まず男性の方は泌尿科での受診となります。
男性の方の検査はとても簡単で、尿を採取して検査をします。
それから尿中に白血球が認められた場合、「クラミジア・トリコマチス」の病原体の有無をPCR法(遺伝子検査法)で調べ確定します。
白血球は炎症していた場合にでます。
この方法は尿の採取だけで調べられ、検出感度が高く確実だと言われています。
最近の検査は尿道に綿棒を入れたりはしないので痛いことはありません。
ですから、怖がらずに検査を受けてください。

女性

婦人科での受診となります。
婦人科というだけでとても抵抗はありますが、勇気を出して受診しましょう。
検査は子宮頸官からの分泌物(おりもの)を採取し検査します。
又、粘膜を綿棒で直接こすって採取し検査もします。
ですから、女性の方は多少の痛みがあるかと思います。
PCR法(遺伝子検査法)で調べるのがやはり確実だと言われています。
男性と違い女性の場合、違う箇所にもクラミジアがいることがあり、例えば腹腔内などです。
このような疑いのある時は血清抗体検査をし、抗体陽性がでた場合はその治療をしていきます。
目や咽頭などにも感染することがあるので、気になる方は眼科や耳鼻咽喉科を受診してみてください。

最近では自宅で手軽に検査できるキットも販売しています。
男性は尿を専用容器に入れ郵送、女性は膣内分泌液を採取し郵送するといった感じです。
時間がなくてなかなか病院に行けない方や、病院に行くのがやはり恥ずかしい・・・など、その他プライバシーを守りたい・・・という人は匿名でも郵送できるのでよいかと思われます。
少々値段は高くなりますが、淋菌・梅毒・HIV(エイズ)などの検査も一緒に受けられるセットもあるようです。
どうしても病院に行くのは気が引ける・・・という方は、こういったものも活用してみるのもひとつの方法かもしれません。

クラミジアを検査できるキット 一覧