クラミジアと不妊症

近年若い女性を中心に増加するクラミジア、差婦人科が最も懸念している状況の1つです。

クラミジアは性感染症ですが、症状自体はそこまで重いわけではなく、男女ともに症状自体がない人も珍しくはありません。

では、なぜクラミジア性感染症への警告が鳴らされ続けているのでしょうか?

それはクラミジアは不妊症を招き、仮に妊娠出来ても大きなハンデを追ってしまうからです。

また症状が軽いだけでなく、オーラルセックスやディープキスでも感染します。

つまり「自分がかかるかもしれない」とは全く思わない人が多すぎるからです。

症状が出ないことと、感染していないことは同じではありません。

クラミジアを発症した場合の女性の症状は、下腹部痛、おりものの増加や、においの悪化と、体調がちょっと悪かったのかな?という程度が大半です。

細菌感染なので、抗生物質で治すことが出来ますが、たまたま風邪で抗生剤を服用していたり、自分自身の免疫力で、そのまま収まってしまうこともあります。

しかし、クラミジア菌が体内から消えた保証はありません。「治った」という自己判断はとても危険です。

クラミジアは当初は軽い症状ですが、細菌が体内に残っていると、膣~子宮頸管~子宮内部~卵管と、どんどん炎症が広がっていきます。

最悪の場合は、卵管から卵巣に炎症が飛んだり、子宮外の骨盤まで炎症を起こします。

病気としてもつらいですが、このように婦人科系の臓器すべてに炎症を起こすため、不妊症になりやすいのです。

もっとも危険なのが卵管が細菌に侵されて起こる「卵管炎」です。

卵管は排卵後の卵子の通り道でもあり、精子との受精の場です。

炎症を起こすと、卵子が卵管に出てこられないなど、様々な不具合が起きてきます。
 
妊娠とは、卵巣から卵子が排出され、卵管で精子が出会い、子宮で着床する仕組みですが、この仕組みは少しでもバランスが崩れれば成立しません。

生理や卵子があれば妊娠するというほど、甘い構造ではないのです。

だからこそ、女性は特に性感染症をはじめ、自分の体をよく知っておかなくてはいけないのです。

kensa1