予防する方法

予防

コンドームの使用では100パーセントの予防にはなりませんが、コンドームを使用することで性感染の確率を4分の1以上下げることができます。

コンドームのよい状態としては、「古い物は使用しない」「使用期間内か確認する」「丈夫で品質のよいものを選ぶ」ということです。
直射日光にあたる場所や、冷蔵庫での保管はしないでください。劣化が進んでしまうからです。

使用する時には、なお注意が必要となります。
まず、つめは切っておくこと。
使用する時に誤って傷つけてしまい、破れては意味がなくなります。

必ずサイズを確認してください。
サイズが合わないと、セックスの最中に、はずれてしまうかもしれません。注意して選びましょう。

先端になるべく空気を入れず付けてください。
空気が入ってしまうと破れる原因になってしまうからです。

装着する時は、必ず性器の根元まで付けて使用しましょう。

次にコンドームを付けるタイミングも重要になってきます。
射精する直前ではなく、インサートする前の性器が勃起しているときに装着しましょう。
いわゆる「がまん汁」でも感染や妊娠してしまうこともあるので、女性の方は気を付けてください。

以上のコンドームの適切な使用法により、感染率は4分の1ほどまで下げることができます。

感染の感受性を下げることも大事です。
例えば、性器をいつもきれいに清潔に保つということです。
特に男性の包茎は不潔になりがちなので、包皮の部分を特にきれいにしておきましょう。
そうすることで感染するリスクは下がります。

アルコールの大量摂取や、喫煙する人も感染のリスクが高まります。
毎日の規則正しい生活、食生活、適度な運動などで免疫を上げておくことも大切なことです。
体力の低下や免疫の低下は感染のリスクを上げてしまいます。
風邪や病気などにかかっている時のセックスは、感染しやすくなっているため避けましょう。

最近は、複数の異性と関係を持つ男女が増えていますが、やはり一番の予防策としては、決まったパートナーだけの性交渉です。
互いに感染していなければ、まず性病感染の心配はないからです。

kensa1