咽頭クラミジア[症状・感染経路・検査法・治療法・予防法]

咽頭

クラミジアは「性器」「咽頭」「腸」「目」と感染しますが、咽頭は「性器」の次に感染率の高い場所といえます。

まず症状ですが、初期症状は性器クラミジアと同じくほぼありません。

風邪の症状と似ているため、見過ごされてしまうことも多いのが特徴です。

例えば、「喉のちょっとした違和感」「喉の痛み・腫れ」「微熱が長引く」などがあげられます。

女性は全く症状が出ないこともあり、気が付かずにすごしてしまうこともあるようです。

咽頭クラミジアは主にオーラルセックスで感染します。

その他では、ディープキス、アナルセックスなど特殊な行為で感染したりもします。

最近では風俗店などで、フェラチオのサービスを受けた男性が泌尿器科に駆け込むというケースが増加しているようです。

中には、「セックスしていないのになぜ感染してしまったのか?」とおどろく人もたくさんいるようです。

おそらく、相手の女性の喉頭にクラミジアが感染していたと思われます。

女性はまったく症状が出てこないため、気が付かずにいたのでしょう。

そうして女性の喉頭より、この男性の性器へと感染していったのです。

キスなどもそうです。

唇と唇を重ね合わす程度のキスでは、ほぼ感染しませんが、ディープキスなどの粘膜と粘膜が接触するような激しいキスは、感染したと思うくらいでいいかもしれません。

検査方法は男性も女性も同じく、綿棒で喉の奥の粘膜をこすり採取し、クラミジアの有無の確認をします。

一時間程度で確認できます。

治療方法は性器クラミジアと同じく、「テトラサイクリン系」「マクロライド系」などの抗生物質の投与になります。

咽頭クラミジアは性器クラミジアと比べ、完治するのに2倍ほどの時間が必要となりますので、根気よく決められた用量を守って投与してください。

予防法で考えると、「オーラルセックスはなるべく避ける」「風俗店などに行かない・・・」となりますが、

もし、そういった行為を行ってしまった場合は、水で「喉のうがい」がよいとされています。

イソジンなどのうがい薬はかえって喉の粘膜を痛めてしまい、菌が感染しやすくなるため、おすすめできません。

最近ではオーラルセックス用のコンドームなども販売しているようです。

そういったものを活用してみるのも方法でしょう。

kensa1