クラミジアと卵管炎、子宮頸管炎

性感染症であるクラミジア、ただ感染した状態では、特に大きな症状はありません。

それをいいことに治さずに放置しておくと、どんどん他の炎症を持ってきてしまうのが、クラミジア感染症の怖い所なのです。

ここで女性の体を簡単におさらいしましょう。

膣の奥に子宮がありますが、その子宮の入り口部分、境目の場所を子宮頸管と呼びます。

子宮頸管の奥に卵管があります。

卵子を送り出す卵巣はこの流れとは別に、卵管の外側に独立しているのです。

クラミジアになった場合、膣から感染しますから、まず膣炎、そして子宮頸管炎になります。

どんどん奥へと炎症が広がっていくわけです。

子宮頸管炎は、慢性、急性2種類ありますが、クラミジア感染での主な症状は、慢性の下腹部痛、おりものの量の増加、色がやや強くなるといった軽めの症状です。

クラミジア以外の理由でも起こりますが、クラミジアが原因の場合、特に症状が軽くなりがちなのです。

子宮頸管炎を放置しておくと、その奥の卵管に炎症を起こし、卵管炎になります。

卵管炎も、症状は子宮頸管と同じで軽いものです。

しかし卵管炎は放置しておくと、不妊になる可能性が非常に高いのです。

卵管は、卵巣から放出された卵子を受け取る場所でもあり、受精する場所でもあります。

妊娠出産する上で、なくてはならない器官といってもいいでしょう。

卵管で炎症を起こすと、卵管が塞がり卵子が精子と出会えません。

また出会って受精しても子宮まで運べず子宮外妊娠を起こしたりします。

また卵管から、卵巣に炎症を起こすなどして婦人科の臓器どころか、骨盤全体に炎症を起こすこともあるのです。

臓器同士が癒着して大変な手術を受けることになったり、その結果日常に支障が出ることもあります。

また運よく子宮頸管炎で済んだとしても、子宮は胎児の住む場所なので、早産や子宮頸管でクラミジアに感染する可能性もあります。

膣というのは粘膜で出来ており、傷がつきやすく非常に繊細な場所なのです。したがって細菌感染する危険性もかなり高い場所なのです。

女性のクラミジアへの無関心が、これだけの不幸を招いてしまうのです。

kensa1